2016/1/20 20:26

NXTヘッドコーチがバレットクラブのWWE入りについて語った

閲覧数:5972

NXTヘッドコーチがバレットクラブのWWE入りについて語った
4.0

日本のプロレスファンにおなじみのジャイアント・バーナード選手。
新日本離脱後は、古巣のWWEへ戻り、テンサイとして活動を経て2014年に引退、今はNXTのヘッドコーチとして若手の育成を行っています。

そんなバーナードさんのインタビューがWWE公式サイトに掲載されていました。
WWE移籍が噂されるバレットクラブについて、新日本ファンにとって興味深い内容を語っています。

Q.日本での外国人スターであるあなたと、バレットクラブとの関係性は?

A.バレットクラブのほとんどの選手と友達です。私が新日本を去ってから結成されました。フィン・ベイラーがある夜に思いついたアイディアです。当時はみんなでそのアイディアをからかっていました。


Q.ユニットが爆発的な人気となって、彼らが日本に及ぼした影響は?

A.あなたが目にしているように、アメリカの様々なスポーツイベントやプロレスの興行でバレットクラブのTシャツを見るようになりました。新日本の世界展開には彼らの活躍が影響しています。全てベイラーとカール・アンダーソンの発明です。


Q.彼らのWWE移籍の噂について、どう思う?

A.やっとその時がきた、と。WWEは世界で一番のプラットフォームで、プロレスに携わる人はここでやりたいと思っています。彼らはプロレスに全てを捧げていて、本当にハードワークをこなしているし、すでに名前も知れ渡ったいます。さらなる繁栄のために最高な彼らがここにやってきます。彼らは何年もハードワークで積み上げてきた経験を、もっと大きなスケールで見せつける時が来たのです。


Q.この件についてベイラーとは話した?

A.ベイラーはとても興奮しています。彼自身が今、大きな事を成し遂げていますが、ここでチャンピオンになることの、チャンピオンでい続けることのむずかしさを知っています。彼はエースの座を手に入れたのでとして、今後やってくる友人たちに支えてほしいんだと思います。そして、それが彼にとってとても励みになると、私は確信しています。


Q.バレットクラブをWWEで見られるようになった場合、ファンは何を期待すればよい?

A.あなたは、ボスがいつも「成功のために努力しろ」と言うのを聞きますよね。彼らはどんな場面でも努力し続けます。彼らはシステムに反抗したり、新しいことへの挑戦を恐れません。ファンや他の選手、そして私たちコーチ陣も、彼らの活躍にとても興奮することになるでしょう。

「移籍の噂について」という話なのですが、もう既に移籍が決まっているかのようなバーナードさんの口ぶりです。
新日本ファンとして、新日本から飛び立った彼らが世界で活躍するのはとても愉快&痛快で喜ばしいことではあります。
しかしその反面、国内では敵なしの新日本も、WWEからは所詮“良い農場”でしかないという事実に改めて気付かされましたのも事実です。
WWEが新日本をそういう目線で見るのではなく、良い関係を築いていけるようならば、ファンにとってももう少し夢のあるプロレス界になりそうですね。

この記事を書いたライター: YOSHI-NAGA

コメント

    まだコメントはありません。

おすすめ記事

新しいコメントを投稿する

 [PCから画像ファイルをアップロード]

関連付けられたタグ

なし
[タグを付ける]

<< 一覧に戻る