2015/11/24 13:47

天龍源一郎の「LIVE FOR TODAY」【多重ロマンチック的ぼくらのプロレス】

閲覧数:4417

天龍源一郎の「LIVE FOR TODAY」【多重ロマンチック的ぼくらのプロレス】
4.9
最新のコメントに移動

プロレスラー・天龍源一郎選手が15日、オカダ・カズチカ戦を持って現役引退。引退試合は新技「65歳7か月」を繰り出すなど、懐メロになることをよしとしない生き様を象徴するような試合でした。

1年弱にわたって繰り広げられた引退ツアーでは「LIVE FOR TODAY」という単語をたびたび披露。それは全日本プロレス・天龍革命時に思いついた単語だそうです。日本語に訳せば、“今を生きる”。

 みんなトップになってうぬぼれるけど、“替え”はいくらでもいるものだ、と。
 それがわかったからこそ、俺は「今を生きる」。「LIVE FOR TODAY」という精神に行き着いたのだった。
 極論を行ってしまえば、力道山がなくなってもプロレスは続いている。元横綱・輪島大士がいなくなってもお客が減らなかった。ひるがえって、2015年11月15日に天龍源一郎は引退するわけだが、それでもプロレスは存在し続ける――。(中略)ヒーローがいなくなっても、新しいヒーローが生まれる。(ベースボールマガジン社「天龍源一郎自伝レボリューション」天龍源一郎著」)
名タッグパートナー、阿修羅・原選手がフェードアウトした際、代わるように川田利明選手が抜きんでてきた。人間、代わりはいないというけれど、現実にはいくらでも穴を埋める人材はいる。だから手を抜いていいのではなく、だからこそ常に悔いなきよう、全力で行かねばならない。プロレスファンだってそう。今は今しかないのだから。誰かが応援してるから、いいや、でなく、常に全力で応援していたいですよね。

ちなみに自伝によると天龍さんが過去、後悔したことは3点ほどあるようで。ひとつは相棒に冬木弘道を選ばず、悪いことしたなと思ったこと。新生全日本で、川田、渕正信とうまくスクラムを組めなかったこと。引退会見時に「廃業」という言葉を選んだこと。「廃業」とは大相撲用語で、現役を退いた後、親方や年寄などスタッフとしても日本相撲協会に残らないことを指します。

「どういう関わり方があるのかと思った時に、指導や解説があるわけじゃないし、自分では廃業と思っている」と明言した。後進の育成についても「今のプロレスには天龍源一郎は古いタイプだからそぐわないと思います。全然、何も思っていません」(天龍 引退でなく廃業を用いた理由/ファイト/デイリースポーツ online
しかし…… あまりにも考えがちっぽけだったと思い直す出会いののち、この発言を撤回します。

 今年2015年9月に対談した女子プロレスラーの赤井沙希選手が、「あんなに面白いプロレスを、私、みんなに広めたいんです!」と熱っぽく語った。元はタレントをやっているプロレスとは全然関係ないような女の子が、あんなにまっすぐプロレスへの思いを語っているのを聞いて、「もうプロレスはいいよ」なんて言っていた俺自身が恥ずかしくなった。
 2015年11月15日、プロレスラー天龍源一郎は廃業する。だけど、プロレスは続いて行く。ならば、俺が何かサポートできることがあれば、やっていきたい。(ベースボールマガジン社「天龍源一郎自伝レボリューション」天龍源一郎著」)
20代、赤井沙希選手の発言に60代、天龍さん、思い直す。
天龍さんのレッスル・アンド・ロマンスは、今を生きる。だからこそ引退後も続くのです。

 俺は、プロレスっていうこんな面白いエンターテインメントはない、比類なきものだと思ってますから。そのプロレスをずっと応援し続けてほしいと思います。それが俺のメッセージですね。(天龍プロジェクト編集責任「天龍源一郎引退 革命終焉 Revilution FINAL 大会特別パンフレット」)
「LIVE FOR TODAY」。ただのプロレスじゃない、今に生きるスゲープロレスを、僕らはまだまだ見ていきたいと思います。

この記事を書いたライター: 漁師JJ

コメント

最新のコメントに移動
  • 天龍さんのこういう風に自分より若かったり、下の人間だったりを素直に認められるのが他のベテランレスラーとの違いだよなあ
    すごく好き

    ID:4511 [通報]
    (2015/11/24 15:20)
    0 0
    賛成:0% / 反対:0%

    Loading...


  • これからもますます、器のデカい頑固親父でいて下さい。

    ID:4714 [通報]
    (2015/11/24 23:27)
    0 0
    賛成:0% / 反対:0%

    Loading...


  • レスラーとしてではなく一人の人間としての器の大きさを物語るエピソードの1つですね。だからこそ、色んなレスラーに慕われるんだなぁと。大日本の河上はケガをして大日本の興行を休んでいる状態でも、どうしても出たかったと強行出場しました。賛否両論あるみたいですが、そういったこと全部しょいこんでも引退試合に出たいと思わせる魅力が天龍源一郎にはあり、ファンも惹かれるんだなと。天龍源一郎はもう出てこないけど、男女問わず魂を継いだ人達が魅せていってくれると思います。

    ID:5984 [通報]
    (2015/11/26 14:56)
    0 0
    賛成:0% / 反対:0%

    Loading...


おすすめ記事

新しいコメントを投稿する

 [PCから画像ファイルをアップロード]

関連付けられたタグ

 天龍源一郎  LIVE FOR TODAY  赤井沙希
[タグを付ける]

<< 一覧に戻る

プロレスが好きな人はフォロー!
「ぼくらのプロレス」ならではの情報をお届けします。