2015/10/16 10:03

安川惡斗のドキュメンタリー映画『がむしゃら』 は衝撃的すぎる作品

閲覧数:4822

安川惡斗のドキュメンタリー映画『がむしゃら』 は衝撃的すぎる作品
3.0

 いじめ、レイプ、自殺未遂……。さまざまな困難を乗り越え、女優として、女子プロレスラーとして今も輝き続けている安川惡斗のドキュメンタリー映画『がむしゃら』。全国各地で上映され、評判は上々とのこと。プロレスラー主演作としては珍しいロングヒットを更新しています。

 安川といえば、2月22日のスターダムの後楽園大会における、世Ⅳ虎との凄惨マッチが記憶に新しいところ。顔を殴られ骨折してしまい、顔面崩壊レスラーなんてありがたくない言われ方をしたものです。

あれから約7ヶ月後の9月23日、スターダムの後楽園大会で復帰を果たしました。リング上の安川は、2月のときよりもパワーアップした様子。この日に向けて、リハビリとトレーニングに励んだ成果が体の厚みに表れていました。

 映画の中で、安川は自分をさらけ出しています。過去のこと、そして今の自分を。「逆境バンザイ」と言い放ち、苦しみを克服してきたありままの姿が映し出されています。
 
常に逆境に立たされていた安川が、腕立て伏せが1回もできなかったのにプロレスラーになって、ベルトを腰に巻いた事実は多くの人に勇気をもたらしてくれるでしょう。

 この映画はしばらくの間、DVD発売の予定がないので、劇場で鑑賞することをお勧めします。

この記事を書いたライター: シン上田

コメント

    まだコメントはありません。

おすすめ記事

新しいコメントを投稿する

 [PCから画像ファイルをアップロード]

関連付けられたタグ

なし
[タグを付ける]

<< 一覧に戻る