2015/9/29 20:52

2016年の新日本プロレス東京ドームはリターンマッチだ!思い出の炎は消せないよ

閲覧数:3692

2016年の新日本プロレス東京ドームはリターンマッチだ!思い出の炎は消せないよ
4.0
最新のコメントに移動

新日本プロレスの神戸大会にて、棚橋弘至選手がバッドラック・ファレ選手を相手に、IWGPヘビー級挑戦権利証の防衛に成功。

次期挑戦者に内藤哲也選手を指名しました。

内藤選手は、条件付ながらもこれを受諾。。

これはもう、内藤選手にはなんとしてでも勝ってほしい。

勝って挑戦権利証を奪い、ドームでオカダ・カズチカ選手の持つIWGPヘビー級王座に挑戦してほしいです。

挑戦権利証を失った棚橋選手はどうなる?

まぁまぁ、トランキーロあっせんなよっ!

一方、神戸のメインイベントでは、中邑真輔選手が、後藤洋央紀選手の持つIWGPインターコンチネンタル王座を奪還、王者に返り咲きました。

現状、挑戦者は決まっていませんが、ここで名乗りを上げてほしいのが、棚橋選手。

もちろん、上記の通り、挑戦権利証を失ったという仮定での話です。

出来れば、東京ドームで受けてほしい、ドームで中邑選手の持つIWGPインターコンチネンタルに、棚橋選手が挑戦してほしいです。

こうなると、東京ドームでは、オカダ選手と内藤選手のIWGPヘビー級選手権と、中邑選手と棚橋選手のIWGPインターコンチネンタル選手権が組まれることになります。

2年前と同じ顔ぶれじゃね?

ならば、内藤選手の希望するとおり、もう一度、ファン投票で試合順を決めてほしい。ファンの支持を集めたほうが、東京ドームのメインイベントに決定。

最近は、大大会でのリターンマッチを乱発しすぎると言われる新日本プロレスですが、なんだったら、ファン投票さえもリターンマッチにしてみてはいかがかしら?

この記事を書いたライター: ターキー

コメント

最新のコメントに移動
  • 元々好きな選手じゃないけど、リアルヒール?の内藤がこのところ開花している感じで良いよね。

    ID:144 [通報]
    (2015/9/29 21:39)
    0 0
    賛成:0% / 反対:0%

    Loading...


  • 内藤は今、新日で最も動きが気になる選手。
    最近のリマッチ地獄を終わらせてくれ。まあでもキャラがハマってるだけで試合はそれ程でもないから、そこは近々しっかりとお願いしたい。

    東京Dでのファン投票いいね、俺は絶対内藤の試合に投票する。勿論最高の試合を見せてくれると信じて。

    ID:4511 [通報]
    (2015/9/29 23:07)
    0 0
    賛成:0% / 反対:0%

    Loading...


  • 内藤はヒールの方があってますよね!
    今後に期待!

    ID:129 [通報]
    (2015/9/30 1:04)
    0 0
    賛成:0% / 反対:0%

    Loading...


  • 少し変わった感じのヒールで個人的にいい感じです。試合内容もなかなか…このまま終わらせるのはもったいないから、ぜひ棚橋に勝ってドームのメインへ。今まで権利書奪った人いないから、そこにも期待したいです。…と、その前にワールドタッグリーグのパートナー。順当にいけばソンブラやけど、ここは広夢を凱旋させてパートナーに。

    ID:5984 [通報]
    (2015/9/30 1:26)
    0 0
    賛成:0% / 反対:0%

    Loading...


  • 全日本を退団した潮崎が内藤のパートナーになるんじゃないか…って議論が出てますね!

    ID:144 [通報]
    (2015/9/30 10:15)
    0 0
    賛成:0% / 反対:0%

    Loading...


  • ソンブラはマスク脱ぎたてで色々大変だろうし、潮崎にメキシコの風は吹いてないから、順当にいけば広夢じゃないかな?最近タイトルマッチでも負けたところだし、区切りは着いてるはず

    ID:4511 [通報]
    (2015/9/30 11:11)
    0 0
    賛成:0% / 反対:0%

    Loading...


  • カマイタチがついに凱旋か!

    ID:144 [通報]
    (2015/9/30 12:05)
    0 0
    賛成:0% / 反対:0%

    Loading...


おすすめ記事

新しいコメントを投稿する

 [PCから画像ファイルをアップロード]

関連付けられたタグ

 新日本  リターンマッチ
[タグを付ける]

<< 一覧に戻る

プロレスが好きな人はフォロー!
「ぼくらのプロレス」ならではの情報をお届けします。