2015/9/25 17:16

相次ぐ観客の“乱入”に、WWEがついに公式声明「やったら起訴します」

閲覧数:13688

相次ぐ観客の“乱入”に、WWEがついに公式声明「やったら起訴します」
5.0
最新のコメントに移動

このところWWEでは観客の“乱入騒ぎ”が相次いでいた。
そして、9月20日に行われたPPVイベント『ナイト・オブ・チャンピオンズ』でも事件が起こってしまった。
これにより、ついにWWEが公式声明を発表した。

まずはこれまでの騒ぎを振り返る。

■8月9日
カナダで行われたハウスショーにて、観客がMITBのブリーフケースのレプリカをリングに投げ入れ、試合中のロマン・レインズの後頭部を直撃。
その観客はセキュリティにつまみ出され、今後のWWEの全てのイベントへの入場を禁止された。


■8月25日
アメリカで行われたスマックダウンの収録にて、試合後のディーン・アンブローズがリングへ戻ろうとした時、観客がフェンスを乗り越えてディーンに向い一直線。
すぐにセキュリティに取り押さえられたものの、観客のはナイフのようなものを手にしており、間一髪のところであった。

WWE superstars sometimes live dangerously. #DeanAmbrose #WWE #SmackDown (cr: hardykat on tumblr)

DailyAmbrollinsさん(@daily_ambrollins)が投稿した動画 -



■9月7日
RAWの生放送中、メインイベントでセス・ロリンズが入場する際、フェンスを乗り越えた観客が突如現れた。
この男は、セキュリティに取り押さえられ、アリーナの外へ放り出された。


■9月20日
第5試合、ワイアットファミリーとレインズ&アンブローズがにらみ合っている時に観客がリング上に出現。
すぐさまセキュリティに取り押さえられリング外へ引きずり出された。



相次ぐファンの狂った行動に対し、WWEは以下の通り声明を発表。
WWEは選手の安全をとても重視しており、今後、リングエリアに侵入したいかなるファンも、法律を最大限利用して起訴されます。
──PWInsider)

偶然かもしれないが、これまで被害を受けている(未遂を含め)のはいずれも“シールド”の元メンバーである。
彼らに特別な思いを持つファンの犯行なのか…いずれにせよ、選手に危害を加える行為はもちろん、ファンの楽しみを奪う行為は誰にも許されることではない。
この声明を受けて、模倣犯がいなくなることを願うばかりだ。

この記事を書いたライター: K'

コメント

最新のコメントに移動
  • ノアの大会でも、リングにモノが投げ込まれたりするトラブルが発生しているとか。
    選手やお客さんが怪我をする前に、ノアとしてもきちんと対処しないといけませんね。
    もしも大きなトラブルが起きれば、それこそ団体の存続に関わりますよ。

    ID:29377 [通報]
    (2015/9/29 9:03)
    0 0
    賛成:0% / 反対:0%

    Loading...


  • まあシールド時代に散々乱入してたからなww
    因果応報?

    というのは冗談で絶対やってはいけない行為。
    こんなことするのはプロレスファンじゃない。

    ID:22233 [通報]
    (2015/9/30 8:09)
    0 0
    賛成:0% / 反対:0%

    Loading...


  • アメリカにもマトモじゃないファンがいるんだね。むしろ拳銃とか隠し持ってる可能性があるから、日本よりタチが悪い

    ID:1227735 [通報]
    (2016/10/27 23:16)
    0 0
    賛成:0% / 反対:0%

    Loading...


おすすめ記事

新しいコメントを投稿する

 [PCから画像ファイルをアップロード]

関連付けられたタグ

 WWE  乱入  セス・ロリンズ  ディーン・アンブローズ  ロマン・レインズ
[タグを付ける]

<< 一覧に戻る