2015/9/20 11:09

ビートたけしのお気に入りだった迷言に、ベイダーの三沢へのいたわり。『9月のプロレス名言集~20世紀編』

閲覧数:7725

ビートたけしのお気に入りだった迷言に、ベイダーの三沢へのいたわり。『9月のプロレス名言集~20世紀編』
3.5
最新のコメントに移動

 9月に放たれた「プロレス名言」(20世紀編)をご紹介。プロレス史を形作って来た名句と、その裏にあるドラマに、耳を傾けて欲しい。

■ビートたけしのお気に入りだった迷言
 先ず、9月限定どころか、プロレス史上最大の迷言と言っていいのが、81年にラッシャー木村が新日本プロレスに殴り込んだ時のリング上の第一声。「え~、こんばんは」(23日)。活動停止となった国際プロレスからの参戦ということで、殺伐とした雰囲気だった場内が、これで一気に失笑の渦に。その木村が後にマイク・パフォーマンスを売りにするわけだがら、世の中わからない。

 なお、「皆さんこんばんは、ラッシャー木村です」という記載もよく見受けられるが、これはこの顛末を大変気に入っていたビートたけしによる誤用。ラジオ番組でさんざんネタにしたため、こちらの方が有名になってしまった。

 9月と言えば、90年代の新日本プロレスは横浜アリーナ大会を開くのが定例化していたが、その1回目が90年のアントニオ猪木デビュー30周年記念大会(30日)。セレモニーで猪木は、「1つ1つの闘いが私のことばです」とマイク。猪木と同日デビューのジャイアント馬場も当日、後楽園ホールで30周年大会を行い、「何度かやめようと思ったこともあったが、続けてきてよかった」。過激な闘いを標榜する猪木と、無事是名馬さながらの馬場の違いもよく出ていた。

■プロポーズは、「2人で世界最強タッグのベルトを獲ろう!」(鶴田)
 84年の同月には、マット界が大激震。長州力ら5名以上が当時の新日本プロレスから突然脱退(21日)。真面目な坂口征二副社長(*当時)が「5匹のタヌキにダマされた」と吐き捨てたのが印象に残る。一方で、HAPPYな出来事も。

 ジャンボ鶴田の結婚会見では、「浮気したら家に入れません!」という奥さんに対し、「やっと人生のチャンピオンベルトを獲ったと思ったら、これから大変な防衛戦が……」(鶴田)。場内は温かい笑いに包まれたのだった。(23日)

■三沢を労わったベイダー
 89年より、9月の上旬(稀に8月の下旬)に日本武道館大会を開催して来たのが平成全日本プロレス。91年にはその鶴田が三沢に、フェイスロックで生涯唯一のギブアップ負け(4日)。「信じられない」という鶴田の発言を受け、「信じられないなら、ビデオを見ろ」と三沢はクールに言い放ったが、どこかユーモラスなやり取りだった。

 その三沢は鶴田の跡を受け、全日本のエースとなり、99年には社長として「5大シングル戦」を日本武道館で企画(4日)。ところがベイダーと戦う予定だった川田が怪我で欠場。三沢は責任をとり、自身のカードである高山善廣戦の他に、川田の代役としてベイダーとも戦うこととなってしまった。どう見ても無謀な2連戦。三沢は高山には辛勝したが、直後のベイダー戦では10分持たずに完敗した。試合後、ベイダーはこんな風に語った。「日本のファンよ、今夜の三沢に大きな拍手を送ってやってくれ。誰しもスーパーマンにはなれないんだよ。うん、俺もそうだよ」

 三沢は、理想のプロレスを求め、翌年、NOAHを旗揚げ。参戦する外人の名に、ベイダーの4文字もあった。

この記事を書いたライター: 鳥浜 英佐

コメント

最新のコメントに移動
  • 三沢はあの世で杉浦の敗北→丸藤の“負けたら解散受諾”の流れをどう見てるのかな…。

    ID:106 [通報]
    (2015/9/20 13:24)
    0 0
    賛成:0% / 反対:0%

    Loading...



  • 三沢さんは「次は俺が行く!」っていって燃えてると思います。天国で!

    三沢さんはそういう人。

    ID:377916 [通報]
    (2016/1/19 22:58)
    0 0
    賛成:0% / 反対:0%

    Loading...


おすすめ記事

新しいコメントを投稿する

 [PCから画像ファイルをアップロード]

関連付けられたタグ

 ビートたけし  三沢光晴  ベイダー  ジャンボ鶴田  名言
[タグを付ける]

<< 一覧に戻る

プロレスが好きな人はフォロー!
「ぼくらのプロレス」ならではの情報をお届けします。