2015/9/17 13:02

気になる「新日本プロレスの海外展開」を振り返ってみよう

閲覧数:3078

気になる「新日本プロレスの海外展開」を振り返ってみよう
5.0
最新のコメントに移動

ここ近年は海外展開へ力を入れており、今後の展望が期待されている新日本プロレス。
そんな“脱猪木後”の新日本の海外展開について、これまでを振り返ってみよう。

■2008年、1・4東京ドームはTNAとの対抗戦
当時、TNAはアメリカNo.2の団体として乗りに乗っていた。
元WWEスーパースターのカート・アングル、スタイナーブラザーズを筆頭に、トップ選手を抱えており、ドーム大会にも参戦。
後にIWGPヘビー級王者に君臨することとなるAJスタイルズも、第1試合に登場している。
これ以降、TNAとの協力関係がしばしば見られるようになり、ケビン・ナッシュ、チーム3D、ロブ・ヴァン・ダム、ジェフ・ハーディなど、大物レスラーが参戦することとなる。

■2009年、メキシコ・CMLLと業務提携を発表
“世界最古のプロレス団体”であるCMLL。
選手を頻繁に派遣しあうというだけでなく、2011年以降は毎年1月に「FANTASTICA MANIA」という新日本&CMLLの合同興行を開催している。
これまでは都内のみで行われていたが、2014年からは地方へも進出している。

■2011年、初のアメリカ遠征
この年の1・4ドーム大会で「世界進出」を明確に掲げられ、5月12~15日にかけてアメリカ東海岸で興行を開催した。
この大会では海外マットにおいてのIWGPヘビー級王座への登竜門という名目でIWGPインターコンチネンタル王座が新設され、WWEスーパースターのMVPが初代王者となった。

■2012年、全日本と合同で台湾興行を開催
この年に創立40周年を迎えた新日本と全日本は、7月に東京・両国国技館で、11月に台湾で記念大会を合同で開催した。
元々は全日本が例年、この時期に台湾遠征を単独で行っていたもので、この後2014年に新日本が単独で台湾大会を行う形となった。

■2014~2015年、海外での興行数が一気に増加
2014年4月に台湾、5月にはカナダとアメリカ、さらにタイで海外興行を行った。
北米ではアメリカにおける地位を急激に伸ばしているROHが協力し、後の業務提携へとつながっている。
2015年5月にはアメリカで再びROHとの合同興行を開催、6月にはシンガポール大会を開催し、10月には再び台湾興行を予定している。

■2015年、WWEに獣神サンダー・ライガーが参戦
2000年のWCWとの業務提携終了後、WCWを吸収したWWEとの国交は閉ざされていた。
しかし2015年8月、WWEが開催したNXT:Takeoverにてライガーが参戦。
現在のWWEマットに他団体の選手が参戦する異例の事態となった。
これを機に「WWEとは話し合いができるような環境になってきた」と菅林社長は話す。

■2016年を予想
例年、1月にはCMLLとの「FANTASTICA MANIA」が開催される。
毎年ファンの期待を超える内容となっており、規模を広げ続けている。
今年はさらなるスケールアップを果たすのであろうか。
日本での大会だけでなく、現地メキシコでの興行開催も期待したいところだ。

業務提携を結んだことが発表されたROHは、来年2月の日本上陸が決定している。
そこでの協力はもちろん、例年5月に開催されるアメリカでの合同興行のスケールアップ、ラスベガスで開催されるROH14周年のビッグマッチへの協力も併せて発表されている。

WWEとの継続的な関係も気になる。
現実的には可能性は低いかもしれないが、「ジョン・シナ&棚橋弘至vsランディ・オートン&中邑真輔」といった夢のカードを見てみたいのが本音だ。

協力関係にあるジェフ・ジャレットのGFWの動向や、ワールドワイドな動きを続けるBULLET CLOBの活躍によって、さらなる期待値が持たれる。
アメリカではケーブルテレビで放送され、動画サービス「NJPW WORLD」の登場により世界中で新日本の試合を見る環境が揃いつつある今、新日本の海外展開はより加速度を増していくことが予想される。

2000年代初頭から続いた暗黒時代を乗り越え、今や完全に勢いを取り戻した新日本。
国内市場はほぼ独占状態と言っても過言ではなく、木谷オーナー(ブシロード社長)も「敵はWWEとUFCだけ」と言い切る。
海外でその名が着実に広がっている“ニュージャパン”が、WWEを脅かす団体になる日は遠くないのかもしれない。

この記事を書いたライター: K'

コメント

最新のコメントに移動
  • 新日本のファンとの向かい合い方、
    とくにメッセージの出し方は
    素晴らしいと思う。
    逆に新日本にマット界を引っ張っていってもらうしか
    ないのかと考えると淋しくもあるけど。

    ID:129 [通報]
    (2015/9/24 1:25)
    0 0
    賛成:0% / 反対:0%

    Loading...


おすすめ記事

新しいコメントを投稿する

 [PCから画像ファイルをアップロード]

関連付けられたタグ

 新日本  海外展開
[タグを付ける]

<< 一覧に戻る

プロレスが好きな人はフォロー!
「ぼくらのプロレス」ならではの情報をお届けします。