2015/9/10 10:02

首の骨折から約1年…“元メジャーリーガー”は今年中に復帰!? トレーニングを公開

閲覧数:3164

首の骨折から約1年…“元メジャーリーガー”は今年中に復帰!? トレーニングを公開
3.0

元WWEスーパースター・ヨシタツ。
2008年~2014年の6年間、WWEに在籍。
WWE離脱後はアメリカのインディー団体を渡り歩き、4本のベルトを奪取。
昨年10月にその実績を引っ提げて古巣・新日本に帰ってきたが、日本マット復帰戦となったAJとのシングルで首を負傷。
首の2か所を骨折するという大怪我を負ってしまった。

あれから約1年の月日が経とうとしている。
ヨシタツはこの間、Twitter上で経過報告を続け、今年6月にはアメリカのインディ団体でスパーリングを実施、復帰へ向けた動きを見せていた。
さらに8月、Twitterでのファンからの質問に対して、復帰時期を明言している。


9月に入ると、YouTubeに自身の公式チャンネルを開設。
その中でトレーニングに励む姿を公開した。



再び新日本のリングに戻ってくるとすれば、いくつかのタイミングが考えられる。

【1】10・12両国国技館『KING OF PRO-WRESTLING』
1年前、棚橋のピンチを救う形で電撃登場したのが10月の両国大会。
その場にまた乱入する可能性はゼロではない。

【2】11・7大阪府立体育会館『POWER STRUGGLE』
1年前、自身が欠場するきっかけとなった試合の舞台が11月の大阪大会。
その時のリベンジを果たすべく、AJと相まみえる可能性も捨てきれない。
仮に、10月の両国大会でAJがオカダを下し、IWGP王者となっていたとしたら、即挑戦…という流れも考えられる。

【3】11月『WORLD TAG LEAGUE』
今のところ公式発表はされていないが、例年通りであれば11月末から12月にかけてタッグリーグが開催される。
昨年は棚橋との同郷タッグで結果を期待されていたが、初戦を終えたところで欠場…無念の不戦敗リタイアとなってしまった。
その場を復帰の場所と定め、棚橋とのタッグで結果を残し一気にトップ戦線へ浮上する、という青写真も描けるだろう。

【4】1・4東京ドーム『WRESTLE KINGDOM』
今年のG1決勝が行われた8・16両国大会で、来年のドーム大会開催が発表された。
今年中のどこかのタイミングで出没し、復帰をアピール…ドームで復帰戦、という流れもあるやもしれない。


ヨシタツが新日本に帰ってきたことに、様々なことを期待したファンは多いだろう。
1年間待つ形となってしまったが、その夢の続きが見られる日は、確実に近づいてきている。

この記事を書いたライター: K'

コメント

    まだコメントはありません。

おすすめ記事

新しいコメントを投稿する

 [PCから画像ファイルをアップロード]

関連付けられたタグ

 ヨシタツ  WWE  新日本
[タグを付ける]

<< 一覧に戻る

プロレスが好きな人はフォロー!
「ぼくらのプロレス」ならではの情報をお届けします。