2015/9/3 9:27

「プロレス女子」を飛び越え「プロレスラー」を目指すことを決めた少女・岩田美香 ~その4~ 【まぁ一服!@ぼくプロ】

閲覧数:6583

「プロレス女子」を飛び越え「プロレスラー」を目指すことを決めた少女・岩田美香 ~その4~ 【まぁ一服!@ぼくプロ】
まだ評価がありません

■入門からプロテストまでの3ヶ月で明らかに何かが変わった岩田美香

入門後の岩田美香。特にスポーツの経験が豊富というわけでもないので、基礎練習一つとっても先輩についていくだけで精一杯の日々が続きました。「福岡へ帰ろうと思った」という話を何度もしていたと母親の未央さんがおっしゃっていました。

でも、里村は練習について来られないことは気にしていませんでした。練習は続けているうちに、繰り返しているうちに自然とできるようになるものだからと。入門直後の岩田美香について里村がブログで振り返った言葉です。

入門してきた時はまだブリッヂしても首が折れそうだった。3日目でダッシュの途中で足が痛いといって練習が出来なくなった。


しかし、3ヶ月という期間を経て、こんな言葉に変わりました。

毎日限界を乗り越える練習をしてあの頃が懐かしいと思える程、身体はフタ回り程逞しくなりました。


テレビで拝見しただけでも、明らかに体つきは大きくなっていましたし、眼の色が違っているなと感じました。プロレスに憧れていた少女が、プロレスラーとしての魂を注入されつつあるのだなと。

ただし、入門してトレーニングを積んだからプロデビューというわけではありませんでした。あくまでこの3ヶ月間はプロテストを受けるための準備期間だったのです。そして6/28。宮城野区文化センターにおいて、お客様の前で試合開始前に公開プロテストを受けることとなりました。

プロテストの内容は、「ライオン式腕立て」や「スパーリング」、「宮城選手を乗せてのブリッジ」それに「スクワット200回」など多岐に渡る内容でした。合否の発表は大会終了後に里村の口から発表されることになっています。

果たしてその結果は…

(その1)
(その2)
(その3)
(その5)

この記事を書いたライター: らいなぁ

コメント

    まだコメントはありません。

おすすめ記事

新しいコメントを投稿する

 [PCから画像ファイルをアップロード]

関連付けられたタグ

 岩田美香  里村明衣子  センダイガールズ  女子プロレス
[タグを付ける]

<< 一覧に戻る

プロレスが好きな人はフォロー!
「ぼくらのプロレス」ならではの情報をお届けします。