2015/8/25 12:11

長州力がまさかの『オールナイトニッポンR』 に出演。滑舌が悪すぎて放送事故寸前!?

閲覧数:2476

長州力がまさかの『オールナイトニッポンR』 に出演。滑舌が悪すぎて放送事故寸前!?
5.0
最新のコメントに移動

『長州力のオールナイトニッポンR』が、22日深夜に放送されました。プロレスラーの中でも滑舌が悪くて、何を言っているかよくわからない、ラジオには最も適さない長州がなぜかパーソナリティーに。

長州がマイクに向かい、ひとりで約90分間も聞き取れないこと喋りまくったとしたら……。おもしろそうですよねぇ。けど、残念ながら、ニッポン放送はそんな危険なことはしません。

出演者は、先日出版された『真説・長州力』の著者の田崎健太氏と、ニッポン放送の上柳昌彦アナウンサーのみ。このふたりが事前に長州にインタビューをしたときの音源を流しながら、長州力について語るという内容でした。

内容のほとんどが、かませ犬発言や新日本離脱といった昭和の時代に関すること。周知の事実を繰り返しているだけで、無難にまとめた印象でした。

ただ、ひとつ発見があったとすれば、ガングリオン騒動についての発言。

「たいしたアレじゃなかった。何かを作らなければいけなかった」

これでは何を言っているかわからないのでまず背景を説明します。
1985年からジャパンプロレスの社長として全日本プロレスに上がっていた長州が、87年2月に突然、手首にできたガングリオンという腫れ物を理由に試合を欠場。3月には新日本に強行復帰した事実があります。

「たいしたアレじゃなかった」、ガングリオンはたいした病気ではなかった。
「何かを作らなければいけなかった」、全日本をバックれる理由を作る必要があった。

新日本に戻るための仮病だったと初めて告白したのです。もっとも当時から誰もが勘づいていましたが。

そんなことよりも、現在も長州が新日本の道場で練習していることの方が衝撃的でした。
「(新日本の上野毛道場に)週2、3回、(練習に)行ければ」

多いときには週4回も行っているそうです。棚橋や中邑とも顔を合わすこともあるのでしょう。互いに気まずいのでは?

この記事を書いたライター: シン上田

コメント

最新のコメントに移動
  • 長州が普通にラジオでしゃべってたら何も聞き取れないでしょうねw

    ID:144 [通報]
    (2015/8/25 13:31)
    0 0
    賛成:0% / 反対:0%

    Loading...


  • 確信犯だね!

    ID:129 [通報]
    (2015/8/25 22:08)
    0 0
    賛成:0% / 反対:0%

    Loading...


おすすめ記事

新しいコメントを投稿する

 [PCから画像ファイルをアップロード]

関連付けられたタグ

 長州力  滑舌  オールナイトニッポン  新日本
[タグを付ける]

<< 一覧に戻る

プロレスが好きな人はフォロー!
「ぼくらのプロレス」ならではの情報をお届けします。