2015/8/21 13:15

「プロレス女子」を飛び越え「プロレスラー」を目指すことを決めた少女・岩田美香 ~その1~ 【まぁ一服!@ぼくプロ】

閲覧数:8462

「プロレス女子」を飛び越え「プロレスラー」を目指すことを決めた少女・岩田美香 ~その1~ 【まぁ一服!@ぼくプロ】
4.5

テレビやプロレス会場でプロレスに触れることで「あんな風にかっこよくなりたい」とプロレスラーを志す子どもたち。現在第一線で戦っている飯伏幸太やKUSHIDAなどはまさにその典型といってもよいのではないでしょうか。

■プロレスが好きで女子プロレスラーになること

かつて一世を風靡した全日本女子プロレスの「クラッシュ・ギャルズ」。クラッシュに憧れて、長与千種やライオネス飛鳥に憧れて、女子プロレスラーになるための門を叩いた女子中高生は数多くいたことと思います。筆者の相方もレスラーになることまでは考えなかったにせよ、長与千種に対する憧れは相当なものでしたし、今も尊敬の念を抱いています。

しかし時代は移り変わり、女子プロレスという媒体はなかなか表舞台に取り上げられることもなくなりました。長与千種がかつて立ち上げた団体「GAEA JAPAN」で長与にとことん鍛えあげられ一流のレスラーに、そして現在はセンダイガールズプロレスリングの代表兼選手でもある・里村明衣子が「グッドマザーズ」というテレビ番組でこんなことを語っていました。

「プロレスが好きでレスラーになりたいという女の子は全国見渡しても本当にいないんです。今の時代は。」

■選択肢の多様化

もちろんそういった女の子が皆無ではないと思います。しかし、以前のようなプロレスに対する純粋な憧れから女子プロレスラーになりたいという発想だけではない、別の要素や目的が含まれていることも充分あり得る話だと思います。プロレスは自分の中でやりたいことの中の一つの選択肢。まずはプロレスの道を選び、そこから色々なことへ手を広げていきたい。これだけ情報過多の世の中ですから、やりたいことがいくつも出てくるのも当然の話ですし、そういった夢をたくさん持つことは決して悪いことではないのでしょう。

そんな女子プロレスの現状に対して煩悶していたであろう里村明衣子の前に一人の少女が現れました。その名は「岩田美香」。里村の気持ちに変化が生まれた瞬間でもあります。

(その2)
(その3)
(その4)
(その5)

この記事を書いたライター: らいなぁ

コメント

    まだコメントはありません。

おすすめ記事

新しいコメントを投稿する

 [PCから画像ファイルをアップロード]

関連付けられたタグ

 センダイガールズ  里村明衣子  岩田美香  女子プロレス
[タグを付ける]

<< 一覧に戻る

プロレスが好きな人はフォロー!
「ぼくらのプロレス」ならではの情報をお届けします。