2015/8/15 9:33

会場でプロレスを見られない…それならば「在宅」プロレスで臨場感を味わいませんか? ~総括編~ 【まぁ一服!@ぼくプロ】

閲覧数:3737

まだ評価がありません

■画面でしかわからないことと会場でしかわからないこと

どのスポーツでも同じことが言えるのですが、会場で見る醍醐味はやはり本物の臨場感です。プロレスであれば、目の前で見るレスラーの大きさや筋肉の凄さであったり、マットに叩きつけられる音の迫力であったり、細かい部分を楽しむというよりも、お祭り的な雰囲気を味わうのが楽しみなのです。

ごひいき選手がいれば声が枯れるまで声援を送り続ける。そうやって日常のストレスを発散している方も多いことでしょう。だからといって必ず声を出さなければいけないわけではありません。選手同士の攻防や息づかいをじっくりと楽しむ、どんな見方をしても構わないのです。最低限のマナーさえ守れば。

一方画面を通して見ることができるプロレス。本当に細かすぎるテクニックや、選手同士のちょっとした口の動きなどがわかるのが楽しいのです。ちょっと禁断の話(?)になるのかもしれませんが、例えば傘など棒状の凶器で相手を突く時はそういうテクニックを使っているのか…などなど、本当にミニマムな部分なのですがそういうところを見ていく楽しさもあるのです。

■ネットの中にもプロレスはたくさんあるのです

ニコニコ動画やYouTubeをあさってみると、本当に色々なプロレス動画があるのです。海外でもなかなか面白いものあったりします。時には「こんなところに日本人が?」みたいなことも…こんな発見ができるのも在宅プロレスのささやかな楽しみなのです。本当にいい時代になりましたね。

この記事を書いたライター: らいなぁ

コメント

    まだコメントはありません。

おすすめ記事

新しいコメントを投稿する

 [PCから画像ファイルをアップロード]

関連付けられたタグ

なし
[タグを付ける]

<< 一覧に戻る