2015/8/12 13:31

会場でプロレスを見られない…それならば「在宅」プロレスで臨場感を味わいませんか? ~新日本プロレスワールド編~ 【まぁ一服!@ぼくプロ】

閲覧数:3530

5.0

■新日本プロレスワールドに加入してみた!

在宅ワーカーという言葉を最近よく聞きますので、それにちなんでタイトルをつけてみました。


・地元にはなかなかプロレス団体が来ない。
・プロレス観戦に行く時間がない。
・見に行きたいけれど雰囲気がわからなくて怖い。
・健康面の不安や金銭的理由などでなかなか会場まで行けない。


こうした理由から、プロレスをテレビやインターネットで視聴することを選ぶ方もいらっしゃうるのではないでしょうか。

現在定期的に地上波で放送されているのは、TV朝日系列の「ワールドプロレスリング」。地方局も含めれば「DDTプロレス中継 さいたまースラム」、「This Week in the WWE」といったところです。「プロレスリングTV We are KAIENTAI DOJO」は残念ながら2015年春の段階で放送休止になってしまいました。
※これはあくまで関東の情報ですので、他の地域のプロレス番組の情報がありましたら、ぜひお知らせいただければと思います。

ここ最近で一番話題となったプロレス中継のメディアツールといえば、やはり新日本プロレスの「新日本プロレスワールド」でしょう。月額999円で昔の試合からLIVE配信まで見放題。

とはいえ、先日新日本さんの個人情報保護に関するトラブルがありましたので、入会を躊躇する方もいらっしゃるでしょうが、このサービスが発表された時はなかなか面白いものになるのではと感じていました。

筆者は新日本プロレスワールドの「G1クライマックス全大会配信決定」を機にようやく入会したわけですが、いつもとは少し勝手の違う雰囲気でプロレス中継を体感できることがわかりました。次回はその「勝手の違い」などについて触れていきたいと思います。


コメント

    まだコメントはありません。

おすすめ記事

新しいコメントを投稿する

 [PCから画像ファイルをアップロード]

関連付けられたタグ

 新日本  NJPW WORLD  TV放送
[タグを付ける]

<< 一覧に戻る

プロレスが好きな人はフォロー!
「ぼくらのプロレス」ならではの情報をお届けします。